読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

厚木 海老名’s diary

厚木、海老名のお話を中心に日々の出来事をつらつらと書きなぐる日記(管理人 セブンスター)

マジェスティ125FIの時計が狂う さらにセルでエンジンがかからなくなる バッテリー交換

マジェスティ125の時計が狂うように

なりました。

セットしなおしても乗るときには

時間がくるっています。

 

しばらくするとセルでエンジンがかからなく

なりました。

キックではエンジンがかかるので

おそらくバッテリーが寿命にきていると思い

注文しました。

 

YTX7A-BS

という型がマジェスティ125のバッテリーに

あうみたいなので

色々ネットであるなか

安いやつを注文しました。

f:id:atsugiebina:20170127213543j:plain

バイクパーツセンターのものを

アマゾンで注文しました。

 

 

バイクバッテリーCTX7A-BS(YTX7A-BS)

バイクバッテリーCTX7A-BS(YTX7A-BS)

 

 

バッテリー液もすでに入っており

充電もされていました。

 

バイクからバッテリーを取り出します。

 

プラスドライバーで

2つのねじを取り

カバーを外します。

 

バッテリーが現れるので

マイナスから外し、次に

プラスを外します。

 

バッテリーを取り出し

新しいバッテリーを入れます。

 

このとき5mmぐらいの銀の板が新品で

ついてますのでそれを新しいバッテリーの端子に

入れてからにしてください。

また、赤いプラスの方のカバーは外してから

セットしてください。

 

プラスからネジを閉めて

マイナスのほうのねじを締めれば完成。

 

バッテリーのカバーを付けて

いざ、セルを回します。

 

見事エンジンがセルでかかりました。

所要時間10分。

ポン付けで誰でも簡単に交換ができます。

 

復活してよかった!